セールスコピーライティング普及協会

コピーライティング たった1カ月で【劇的】にライティングが上手くなる方法

コピーライティング

こんにちは。

セールスコピーライティング普及協会
認定ライターの重田です。

皆さん・・・

セールスコピーライティングの
技術をどんどん伸ばして

一流のセールスコピーライターに
なりたいと思いませんか?

そして、10万円、50万円、100万円と
報酬額を上げたいですか?

ライターなら誰しも

「 自分の書いたコピーで売上を伸ばして
  高い報酬額を頂きたい!! 」

という気持ちは持っているはず。

ですが・・・

ライターとして高い報酬を頂くためには
「 技術 」が伴っていないといけません。

具体的に言うと、「 商品を売る技術 」

この技術が無いライターが
商品のコピーを書いても

「 お客様が全然集まらない…。 」

「 商品が全く売れない…。 」

という事態に陥ってしまいます。

そのような悲しい事態にならないためにも

セールスコピーライティングの技術を
しっかりと身に着けて頂き

売れるコピーでクライアントの商品を
しっかりと売れるようにしましょう。

前置きが少々長くなりましたが
もし、この記事をご覧になっているあなたが

ライティング技術をガッツリと伸ばして
一流のライターになりたいのであれば

僕がここ1か月で実際に取り組んだ
”【劇的】にライティングが上手くなる方法”

を是非、参考にして頂ければと思います。

 

1:セールスライティングの勉強をしない

もちろん、セールスライティングは
基礎知識やテクニックを知らなければ
絶対に上達しないのですが

だからといって、たくさん勉強すれば
ライティングが上手になるわけではありません。

なぜなら、セールスコピーライターは
「 書いてナンボ 」だからです。

セールスコピーライティングの技術を
たくさん学んだからといって
それだけではお金は増えません。

セールスコピーを書いて
商品を売らない限りは
報酬はもらえません。

つまり・・・

知識を記憶させるための
勉強ではなくて

実践から得られる技術の方が
とても貴重であるという事です。

もちろん、知識を身に着けることは
とても大事なのですが・・・

いくら知識を詰め込んだところで
実践しなければ上達はしませんよ。

 

2:まずは、教わりながらでも仕事を受ける

ライティングの知識がなければ
仕事を受けてはいけない決まりは
一切ありません。

ですので・・・

もし、あなたの目の前に
ライティングの仕事があれば

しっかりと掴み取っていただく事を
強くおすすめします。

ただ、自分ひとりでは
心細い方もいらっしゃるはずです。

その場合は、仕事を持っているライターさんの
お手伝いをする形でもよいので

実際にコピーを書く場を手に入れましょう。

他のライターさんの仕事を手伝うことで
的確なフィードバックを受けることができます。

「 ここの部分の内容が薄い 」

「 言い回しが変 」

「 実績を全面に伝えたほうが良い 」

みたいな意見をいただく事で
改善ポイントを理解できますし

そこからまた一歩
レベルアップする事ができます。

さらに・・・

仕事ぶりが買われると
さらにお仕事が貰える可能性が
ぐーんっと高まります。

実践を繰り返しながら
的確なフィードバックを受けることで

ライティングスキルを
伸ばすことができますよ。

3:ある程度スキルが身に着いたら仕事を振ってみる

ある程度スキルが身に着くと
チェックするポイントが
わかるようになります。

チェックポイントがわかれば
他のライターが書いたコピーを
添削することが出来るようになりますし

ディレクターとして他のライターに
仕事を振ることもできます。

最初は指導をするのが
大変かもしれません。

しかし、修正箇所を指摘することで
コピーを見る目が肥えてきますし

自分自身がコピーを書く時に
意識することもできるので
結果、勉強になるという事です。

さらに・・・

仕事の依頼を引き受けてくれた
ライターの力がつくようになると

仕事効率も上がりますし
高単価の案件にも挑戦できます。

 

4:【劇的】にライティングスキルを伸ばすなら・・・

僕が推奨するライティングスキルを
伸ばす方法とは・・・

「 二刀流になろう!! 」

という事です。

具体的に言うと

「 ライターとして活動すること 」

「 ディレクターとして活動すること 」

これを【 同時 】にやります。

このように二刀流で仕事を進めるのは
とっても大変です。

しかし・・・

ライティングスキルを伸ばすためには
とても効果が高いですし、効率が良いです。

例えば、ディレクターから頂いた
フィードバックの内容は

自分がディレクターになった時にも
応用することができます。

また、自分がディレクターとして
ライターへフィードバックを行った場合も

その内容を応用させて
ライティングに活かすことができます。

つまり・・・

二刀流で仕事を進めることによって
それぞれの立場での気づきが得られ

さらに即実践することが出来る
「 相乗効果 」が生まれるのです。

 

野球で言う二刀流では
バッターとピッチャーの両方を
務めるわけですが

バッティングとピッチングは
全くの別物ですので

技術を上げるためには
それぞれ練習しなくてはいけません。

しかし!

ライターとディレクターの
二刀流の場合はどうなるのかと言うと

ライティングスキルを磨いたら
ディレクションスキルも
一緒に伸ばすことが出来て

ディレクションスキルを磨いたら
ライティングスキルも一緒に
伸ばすことが出来ます。

これが、先ほど言った
「 相乗効果 」の正体であり

「 たった1ヶ月で【劇的】に
  ライティングが上手くなる方法 」

その全てでもあります!

 

5:二刀流の形は他にもあります

いままでのお話は僕の事例であって
二刀流の形は他にもあります。

例えばですが・・・

などなど、二刀流制度を採用することによって
「相乗効果」で劇的にスキルが向上します。

ただ、最初のうちはいきなり
二刀流になるのは難しいです。

ですので・・・

例えば最初のうちは、ライターをやりながら
ディレクターになった「つもり」に
なってみてください。

具体的には

「 私だったらこういう風に指摘するな 」

「 このコピーは参考になるから
  参考例としてスワイプしよう 」

「 納期が近くなるとバタバタするから
  余裕をもって製作するように伝えよう 」

などなど、ディレクターやコンサルタントに
「なったつもりで」物事を見てみると

今まで気づかなかった事にも
気が付けるようになります。

 

6:まとめ

たった1カ月で【劇的】にライティングが上手くなる方法

それは・・・

「 二刀流になること 」

という内容をお伝えしました。

これは僕が直近の1ヶ月で
実際に二刀流で仕事を進めて

ライティングスキルが
めちゃくちゃ上がったなと
強く実感出来たからです。

全く違った立場の案件を
同時に行うことで初めて発見したものや

ライティングでとても大事なポイントを
確かめることもできました。

ただ、この方法は負荷がとても大きくて
下手をすれば体調を崩したりと
何かと悪影響を及ぼす可能性があります。

しかし!

負荷をかけることで
筋肉が大きくなるのと同じように

負荷の大きい仕事をやり切ることによって
「自分はやり切った」と自信にもなりますし

技術も劇的に向上することは
間違いありません。

いきなり二刀流に挑戦できれば
積極的に行って欲しいのですが

まずはライターとしての
仕事を行ってレベルアップしましょう。

その間に、ディレクターやコンサルタントに
「 なったつもり 」で

二刀流になる練習を行っておきましょう。

繰り返しになりますが
二刀流制度を使うことによって

たった1ヶ月という短期間で
【劇的】にライティングスキルを
伸ばすことができますので

もし、あなたが少しでも早く
一流のセールスコピーライターになって
高単価の仕事を受けたいのであれば

出来ることから始めていきましょう!

最後までお読みいただきまして
ありがとうございました!


この記事を書いた人

Webプロモーター/セールスコピーライター重田 勇気

1998年、横浜市生まれ。 Webプロモーション会社に入社。 無形コンテンツの販促、運営を行いながら、のべ3,000名の顧客サポートも行う。 目先の利益ばかりを追いかける販売のあり方に疑問を感じる。 そこで、商品の良さを引き出し、売上を伸ばすセールスコピーライターになることを決意する。 日本一のセールスコピーライティングスクールに通い、商品の強みを生かしたセールスコピーライティングを習得。 顧客との信頼関係を優先しながら、利益の最大化を遂行することを使命とし、Webプロモーション専門セールスコピーライターとして活動。 LP製作、メルマガ製作、広告運用、サイト構築など、関係者全員がwin-winになれるWebプロモーションの構築に貢献している。

重田 勇気

古山正太のモノは言いよう!