セールスコピーライティング普及協会

9)その他、お役立ち 伝わる文章を短時間で書くには?

プチテクニック, 2)セールスコピーの書き方, 6)セールスコピーライター仕事術

こんにちは。

セールスコピーライティング普及協会

認定ライターの吉村です。

 

今の時代は

誰でも情報発信が可能になり、

気軽にビジネスを始められます。

 

そこで重要になってくるのが

【伝わる文章を書く力】です。

 

なぜなら、

 

ほぼ全ての商品・サービスは

何らかの文章を通じて

お客さんの元に届くからです。

 

それは駅の広告文かもしれませんし、

SNSで偶然目にした一文かもしれません。

 

ひょっとしたら、

これを読まれているあなたも

 

すでにメルマガやブログ、Facabookで

集客などをされているかもしれませんね。

 

さて今回は、

「伝わる文章を短時間で書く方法」

についてご紹介しようと思います。

 

以下に

多くの方が文章を書くときに

悩むポイントを3つ取り上げましたので、

 

1つでも当てはまる方は

ぜひ最後まで読んでいただければと思います。

 

 

文章を書くのに時間がかかる

 

文章を書き始めてから書き終えるまでに

長い時間がかかってしまう、

ということはよくありますよね。

 

書くのが遅くては、

効率のいい仕事はできませんし、

 

ライターとして仕事を受ける場合も

複数の仕事を受けるのが

難しくなってしまいます。

 

言いたいことがまとまらない

書いている途中で話が脱線して

自分でも何が言いたいのかわからなくなった

ということはありませんか?

 

伝えたいことが明確でない文章を

他の人が読んだとしても、

まず理解してもらえません。

 

商品やサービスの魅力も

うまく伝えることができなくなります。

 

人から「どういうこと?」と言われる

意味がわかりづらい文章は致命的です。

 

ある程度親しい人なら

「これ、わかりづらいんだけど・・・」

「この文章ってどういうこと?」

と言ってくれるかもしれませんが、

 

メルマガや広告の文章がわかりづらいと

当然、無視されてしまいます・・・。

 

アウトラインがかければ文章の悩みは解決する

 

ではここからは、上に挙げたような

文章の悩みを全て解決して、

読みやすくて伝わる文章を

書くことができるようになる方法

をお伝えします。

 

その方法とは、

 

文章を書いていく前に

【アウトライン】を作成する

というものです。

 

アウトラインとは、

書いていく予定の内容を

箇条書きの形にしたものです。

 

説明だけでは

わかりにくいと思いますので、

 

アウトラインの

簡単な例をお見せします。

 

アウトライン例

具体的には次のように

型を作って当てはめてみます。

================

・自己紹介

・導入

―投資の時事ニュース、A氏について

・統計データ

―実際に○%の人が老後資金不足

・結論

―収入が高くても老後資金は不足する

・解決

 ―この方法なら安心な老後を送れます

・理由×3

 ―Aさんの例、○○のデータ、F教授

・セミナーの案内

 ―内容の箇条書き、講師紹介

・特典と締め切り

―○の特典、○日に締め切り

・追伸

 ―老後になってからでは遅い、

  すぐに始めましょう

================

 

このように、

「何」を「どの順番で」書いていくかを

予め箇条書きにしてしまいます。

 

こうして

アウトラインを先に作っておけば、

 

書いていく内容と順番が

明確になっているので、

 

話が途中で脱線することも

書くのに時間がかかることもありません。

 

そして、よりわかりやすくて

伝わる文章を書くことができるのです。

 

アウトラインを作るのは

最初は少し手間かもしれませんが、

 

慣れてくれば、

5分〜10分で作成できるようになります。

 

簡単に実践できる方法ですので、

次のメルマガ、Facebook投稿のときに

ぜひ使ってみてくださいね。

 

今日の内容は以上になります。

 

「人を集める文章が書きたい」

「文章の力で売上を伸ばしたい」という方は、

 

こちらのラジオリストにも

ぜひ登録してみてください!

 

p.s.

独学もいいですが、

知識や経験が豊富なプロから学んだ方が

より短い期間で習得できます。

 

ぜひラジオリストに登録して

一流のコピーライターの技術を学んでください!!

 

今すぐここから登録する

 

 

 

 

 

 


この記事を書いた人

セールスコピーライター吉村 大樹

愛知県名古屋市に在住。名古屋大学に在籍。 人の思考や行動に興味があり、現在までに哲学、心理学、歴史学など幅広い分野の本を1500冊以上読破。 一方で、自分の経験や気づきなどの本からは得られない情報も重視する。 読書で得た知見を活かし、人のニーズを読み取ることを得意とする。 大学3年次に、人を動かす文章術=コピーライティングに出会い、言葉の力で億を売り上げるセールスコピーライター古山正太に師事。 これまで、整体院向けセミナーのLP、一般向けのイベント集客用チラシなどを手がける。集客用チラシでは、平均の6倍の反応率を記録。 現在は「言葉の力で商品・サービスの価値を100%伝える」を使命に、本当に価値のある商品・サービスを世に広めるべくチラシ、LP制作を行っている。

セールスライター&ビジネスオーナー向け 究極のセールスコピー術

このキャッチコピー何が悪いの?のすべてがわかる!

「売れる商品・サービス作成セミナー」動画(非売品)プレゼント!

5秒でカンタン!登録はこちら