セールスコピーライティング普及協会

コピーライティング 人を動かす“順番”の極意 その1

コピーライティング

こんにちは。

セールスコピーライティング普及協会
代表理事の古山正太です。

本日は、
『人を動かす“順番”の極意』
というテーマでお送りします。

今回も少し長くなりますが
ビジネスのヒントが隠されていますので
ぜひご覧ください。

あなたはこんな話を聞いたことがありますか?

昔、人を助けた男がいた。

老いたその男は、何も言わずに息を引き取った。
残された家族の幸せを願いながら。

 

昔、人に助けられた男がいた。

助けられた男は、子供たちに言い続けた。
『恩を忘れてはいけない。』

男は同じことを繰り返し伝え、
そして息を引き取った。

 

1890年9月、トルコの軍艦エルトゥールル号は、
明治天皇への表敬訪問を終え、帰国の途についた。

しかし、折り悪く紀伊半島の沖で台風に遭遇する。

嵐の中、エルトゥールル号は舵がきかなくなり、
地獄の亀強羅と呼ばれる暗礁に乗り上げて、
大破してしまう。

さらにエンジン機関に海水が流入し船は大爆発!!!

600名以上いた乗組員は、
荒れ狂う海へと投げ出されてしまったのである。

 

誰もが助からないと思われた。

しかし、奇跡的に助かった一人の兵士がいた。

兵士は、断崖の上に灯台を見つけた。

傷だらけの体で崖を這い登り、
遭難のことを灯台守に伝え、
救援を求めた。

灯台守はあせった。
自分一人の力ではどうにもできない。
そう思うとすぐさま隣村へ駆けて行った。

隣村の漁師たちは、深夜にもかかわらず全員
難破したトルコの人たちの救援に向かった。

浜辺にはたくさんの
トルコ人が打ち上げられていた。

全員、ぴくりとも動かない。

漁師たちは号泣した。

こんな遠くの国で果てねばならない
トルコの人たちを、
どうしても助けたいと思った。

「息があるやつがいるぞ!!」

狂喜した猟師たちは裸になり
トルコの人たちを温めた。

結果的に69人のトルコの人たちが助けられた。

しかし、貧しい漁村で69人の食糧が
まかなえるわけではない。

嵐で閉ざされた村の食料はあっという間に、
尽きてしまった。

「もう、何も食べさせるものがないねぇ…。」
村の若い婦人がつぶやく。

すると腰の曲がった老婆が元気に言った。
「鶏をさばくべ。」

緊急のときのために、
各家庭で鶏を飼っている。

しかし、これを食べてしまったら、
本当に何も食べるものがなくなってしまうのだ。

不安に思う若い婦人たち。

老婆はにっこり笑って
「お天道さまが見てくださっているさ。」
と言った。

こうして、鶏がさばかれた。

事情を知らないトルコ人たちは
おいしそうに鶏を食べた。

その姿を見て、
空腹ながらも心が満たされる村人たちであった。

遭難した兵士たちの存在は、
和歌山県知事に伝えられ、
すぐさま明治天皇に伝えられた。

明治天皇は軍艦をトルコに向けるよう指示する。

さらにこの話は、全国を駆け抜け、
膨大な義捐金が集まった。

トルコへ出航する日。

トルコの兵士たちは、
みな涙を流して感謝して日本を後にしたという。

 

さて、この話には後日談がある。

イラン・イラク戦争の最中、
1985年3月17日の出来事である。

イラクのサダム・フセインが、
「今から四十八時間後に、
イランの上空を飛ぶすべての飛行機を撃ち落とす」

と、無茶苦茶なことを世界に向けて発信した。

 

日本からは企業の人たちやその家族が
イランに住んでいた。

その日本人たちは、 帰国しようと
あわててテヘラン空港に向かった。

しかし、どの飛行機も満席で乗ることができなかった。

 

世界各国は自国の救援機を 出して救出していた。

日本政府は航空会社の
労働組合の反対にあい、
救援機を出せなかった。

空港にいた日本人はパニック状態になっていた。

祈りをささげるもの。
抱き合うもの。
手紙を書くもの。

「もう助からないかもしれない」
そんな空気も流れ始めた頃、、、

 

なんと、東の空から二機の飛行機が到着した。

トルコ航空の飛行機であった。

日本人215名全員を乗せて、
成田に向けて飛び立った。

それは爆撃を受けるタイムリミットの
わずか一時間十五分前であった。

 

なぜ、トルコは日本人を助けてくれたのか。

当時それを知る人は誰もいなかった。

ある大手の新聞などは、
「日本の援助を期待して」
だと書いていた。

 

その理由を尋ねられた
トルコの駐日大使は一言こう言った。

 

 

「95年前に助けていただいた
エルトゥールル号の恩を返しただけです。」

 

——————————————

いかがでしたか?

このストーリーは実話なのですが、
もし、以下のような話の構成だったら
あなたはどう感じるでしょうか?

 

もし、こんな話の流れだったら?

1985年のイラン・イラク戦争の時、
フセインが暴走して「急に空爆する!」って言いだして、

イランにいる日本人達は身を守る為に、
日本に帰ろうとしたんだけど、
航空会社のストライキがあって、
日本に帰りたくても帰れなくなっちゃったんだって。

「もうだめだ!」って諦めた時、
イラクの飛行機が日本人を助けてくれたんだって。

理由は、明治時代に和歌山県沖で船が難破して
漂流していたトルコの船員たちをその村の人達が
助けてあげたっていう、歴史的背景かららしいよ。

——————————————

なんとも味気が無いと言うか、
最初のお話の順序と比べて、
感動がゼロに近かったのではないかと思います。

 

同時に、
「何を、どういう順番で、どのように話すのか?」

この重要性を感じて頂けたのでは ないかと思います。

あなたに伝えたかったことは

結局、同じ「ひとつの事実」を伝えるのだとしても、、、

何をどの順番で話すかで

話している内容の価値が伝わるかどうか、
そして、人の心を動かせるのかどうかが
大きく変わってくるのです。

 

「いやいや、こんな壮大な物語なんて普段話さないし」
そんな風に感じた方もいらっしゃると思います。

次回、伝える順番が違うだけで
どれだけ損をしているのか

実際のビジネスの現場を例にして
ご紹介いたします。

どうぞお楽しみに。

追伸

「自分は、お客様に
ビジネスの価値を伝えきれているだろうか・・・」

「もっと伝わる『伝え方』があるんじゃないのか・・・?」

そのように考えられた方に
ご覧いただきたい情報があります。

もしあなたが西日本にお住まいならば
非常にラッキーな情報です。

ぜひお目通しください。
↓↓↓
西日本にお住まいで、ビジネス感度が高いあなたへ

 

 


この記事を書いた人

セールスコピーライティング普及協会 代表古山 正太

教材販売だけで6億3千万円を売り上げるセールスコピーライター。  2014年より自身のライティングスキルを世に広めるため講座を開講。日本全国から受講生が殺到している。

古山 正太