セールスコピーライティング普及協会

6)セールスコピーライター仕事術 【1文字1円のライター】と【1記事100万円のライター】の違い

仕事獲得ノウハウ, 6)セールスコピーライター仕事術

【1文字1円のライター】と【1記事100万円のライター】の違い

こんにちは。

セールスコピーライティング普及協会、

認定ライターの齋藤です。

 

ここ最近、新しいプロジェクトがいくつかスタートしています。

必然的に名刺交換をする機会が多いのですが・・・。

 

セールスコピーライターという仕事をしていて、

初対面の方に自己紹介をすると、

大きく2つの反応に分かれます。

  

反応1

「コピーライター?今は相場が安くて大変でしょ?1文字いくらぐらいですか?」

 

反応2

「コピーライター?糸井重里さんみたいなお仕事ですか?儲かりそうですね!」

 

 厳密に言うと、どちらもセールスコピーライターの実態とは乖離があるのですが・・・笑

当たっている部分もあります。

 

副業ブームやインターネットビジネスの流行もあり、

セールスコピーライターの世界でも、

儲かっている人と儲かっていない人、大きな2極化が進んでいます。

 

時給換算すると、1文字1円ぐらいで働いているセールスコピーライター。

3日ぐらいしか稼働してないのに1記事100万円のセールスコピーライター。

 

それでは、儲かるセールスコピーライターと儲からないセールスコピーライター。

この2つを分ける大きな違いとは何なのでしょうか。

 

本日は、この点をブログで解説していきます。

 

■単価感が大きく分かれる、3つのビジネス構造

単価感が大きく分かれる、3つのビジネス構造

さて、それでは、ここから順を追って、

儲かるセールスコピーライターと儲からないセールスコピーライター。

この違いについて解説をしていきます。

 

ちなみに、あなたはビジネスに関わる上で・・・。

どの構造から関わる事が多いでしょうか?

 

例えば、一般的にビジネスの構造を以下の3構造に分類できます。

(各構造の呼び方は諸説ありますが、僕なりの考えで例を挙げて説明しますね^^)

  

■構造1:企画

→ビジネスの大枠を形作る。

例えば、どんな目的で、どんな商品を、どれぐらいの期間で、どんな役割分担で・・・。

どれぐらいの売上や成果を見込んで作るのか。

 

■構造2:設計

→上記の企画に基づいて、マーケティング、集客、セールスの流れを設計する。

どんなツールや方法を用いるかも選定する。

 

■構造3:構築

→上記の設計に基づいてツールや方法を形にする、もしくは運用する。

LPやパンフレットやweb広告など。

 

セールスコピーライターとしての仕事で、一番イメージしやすいのは・・・。

構造3かもしれません。

しかし、構造3はビジネスの構造としては、一番最下部。

 

急な企画変更や、設計のミスをカバーする、何かと忙しい構造でもあります笑

(最下部だから、重要じゃないと言いたいわけではないので、悪しからず)

 

もちろん、どの構造も大切な事に変わりはないのですが・・・。

やはり上位構造の仕事から関われるのが、ビジネスパーソンとして理想です。

 

■1記事100万円のセールスコピーライターになるには?

1記事100万円のセールスコピーライターになるには?

ここまでお読みになり、皆さんもうお気づきかもしれませんが・・・。

 

1文字1円で働いているセールスコピーライター。

1記事100万円のセールスコピーライター。

 

この違いは、

上記で解説した構造1から関われるかどうかの違いです。

 

つまり、企画の言語化・可視化を、クライアントと進めていき・・・。

設計や実務は、他のメンバーに任せるというポジションですね。

 

それでは、1記事100万円のセールスコピーライターになるには・・・。

どうしたら良いのか?

 

仕事を引き受ける際、構造1から関われないか?という視点を常に持とう!

というのが重要かなと。

 

これはコピーライター以外のビジネスオーナーも同じだと思いますが・・・。

構造1から関わる事ができると、お金や時間という面で、一番メリットを受領できます。

 

しかし、残念ながら、コピーライターとして活動している方の多くは・・・。

構造3からしか関わる事ができないと思い込んでいる方が、非常に多いのです。

ただ、構造3からしか関われないと、受領できるメリットの限界値がとても早い。

 

つまり、コピーライターとしての頭打ちが早く・・・。

コピーライターという仕事に見切りを付けるのも早い笑

 

しかし、構造1から関わる事なく、コピーライターの仕事を辞めてしまうのは・・・。

あまりにもったいないです。

 

まだ構造1から関わるという事にイメージできない方も多いかもしれませんが・・・。

知識や経験がない段階から、工程1から関わるという姿勢が何よりも大事。

 

なぜなら、受け取る情報や学ぶべき事が、ライティングテクニックではなくなるから。

ぜひ、視点を上げて、共に上流工程から関わっていきましょう。

 

ビルゲイツも、スティーブジョブズも、孫正義さんも・・・。

お金や実績がない時代から、大きなビジョンを掲げていました。

 

我々も、一人のコピーライターとして、ビジネスオーナーとして・・・。

人知れず、大きなビジョンを掲げようではありませんか笑

掲げるのは自由、そして、掲げた先には美しい景色への道が広がっています。


この記事を書いた人

セールスコピーライター齋藤 隆行

人を動かす理由の設計と、購買に至るシナリオ構築を専門とするマーケター。 業界の常識を壊し、業界の活性化を促し、業界のリーダーを目指す企業を応援。 広告・マーケティングを通して、経済を循環させ、社会に貢献。

齋藤 隆行

セールスライター&ビジネスオーナー向け 究極のセールスコピー術

このキャッチコピー何が悪いの?のすべてがわかる!

「売れる商品・サービス作成セミナー」動画(非売品)プレゼント!

5秒でカンタン!登録はこちら