セールスコピーライティング普及協会

9)その他、お役立ち かけだしライター必見!一流セールスコピーライターの共通点

9)その他、お役立ち

こんにちは!

セールスコピーライティング普及協会認定ライターの木村七恵です。

 

今日は、

「かけだしライター必見!一流セールスコピーライターの共通点」

というテーマでお伝えします。

 

セールスコピーライターで独立したい!

営業しなくても仕事の依頼が来るような売れっ子ライターになりたい!

一流のセールスコピーライターになりたい!

 

そんな希望に満ちたかけだしライターの方たちがプロとして活躍するために

私がこの業界を経験して気づいた

一流セースルコピーライターに共通するマインドセットについて書きました!

 

ぜひ最後までご覧になってください!

 

 

あなたの行先を決めるマインドセット

セールスコピーライターと一言に言っても

一文字一円で仕事を受注するライターから

1本100万円以上の大型案件を受けるライターまで

その違いはまさにピンキリです。

 

一体何が違うのか?

 

もちろん答えは一つではありませんが、

大きな違いの一つとして“マインドセット”の違いが挙げられます。

 

マインドセットとは、人の在り様を決めるもので

行動や判断の土台となる精神や意識の状態のことです。

 

つまりこのマインドセットが

仕事に向かう姿勢や態度から制作物の成果、

報酬や受ける仕事の種類、今後の展望まで

あなたの行動や選択に大きな影響を与えています。

 

 

ライターとして実績を積み

売れっ子ライターとして活躍する人は

日々どんなマインドセットで仕事に取り組んでいるのでしょうか。

 

 

あらゆる課題を突破するHOW思考

・やったことがない案件の依頼を受ける

・クライアントさんの要望を汲む

・いいキャッチコピーが思いつかない

 

セールスコピーライターの仕事は、

クライアントさんだけでなく、ディレクター、デザイナー、コーダー、コンサルタントなど

一つの案件だけでも複数の人たちとの関わりがあり

仕事を進める上で日々何かしらの課題に直面しそれらをクリアしていく必要があります。

 

やみくもに無駄な努力を重ねたり

課題の解決を先送りしてしまっていては

相手に迷惑をかけ、時間も機会も逃してしまいます。

 

そこで、

 

「じゃあどうしたらできる(前に進める)のか?」

 

と自分に向けて問いかけること

それが「HOW思考」です。

 

・過去の経験・学びから応用する

・得意な人にお願いする

・本で読んで勉強する

 

必ず答えが見つかります。

 

そして、見つけた自分の答えを

行動に移してみてください。

 

その積み重ねがプロのライターとしての道を作ります。

 

 

高い視点から課題の本質を見極める

ただし、起きている課題の本質を見極めることを

忘れてはいけません。

 

HOW思考を活かすためにも

自分を客観的に見る高い視点を養い

物事の本質を見極めましょう。

 

例えば、

今まで経験がない業種の案件依頼が来た場合に

 

やみくもにHOW思考で

どうやったらそれを受けられるかを考える前に

 

そもそも自分が目指す目標に向かうために

その案件を経験しておくべきなのか?

 

 

その上で、  HOW思考を重ねてみてください。

 

 

うまくいっている人のマインドセットの特徴

 

失敗を成功へのプロセスと捉える

 

新しいチャレンジには失敗はつきもの。

 

私自信も、初めての経験で

“やっちゃった!”事件はよく起きています笑

 

そんな時、深刻になって

自分のことを責めてしまいがちですが、

うまくいっている人は、起きた事実を成功へのプロセスと捉えて

次に活かすのみです。

 

そうして、失敗さえもリソースに変えていきます。

 

 

ありのままの自分を認めている

うまくいっている人は、自分の能力を正確に把握しています。

 

自分のことを過小評価していると

新しい挑戦に尻込みしてしまいます。

 

自分自身を過大評価することも過小評価することもなく、

淡々と必用な知識を増やすことで

受けられる案件の幅を広げ、

常にチャレンジすることができるのです。

 

 

目標を設定して必用な努力ができる

成長する人とそうでない人の大きな違いの一つに

目標設定をしているかどうかがあります。

 

自分がたどり着きたい場所が明確になっていると

そのために何が必用なのかを正確に把握することができます。

 

さらに、そのためならやりたくないことさえも

乗り越えられる力が湧きます。

 

 

 

おまけ:図々しく謙虚に!

 

数々の経営者や起業家の方たちに出会っている

私のセールスコピーの師によると

うまくいっている人の共通点に

“図々しさ”と“謙虚さ”を持ち合わせている人が多いとのこと。

 

自分以外の人にお願いできる

または助けを求められる図々しさが目の前の課題を突破する大きな力になるのです。

 

こんなことお願いしたら迷惑かな

こんなこと聞いていいのかな

 

最悪、迷惑だったら断られるくらいです笑

 

それぐらいの図々しさを持って

人にお願いしてみましょう。

 

そして、図々しいだけでは

相手も不快でしかありません。

時間や労力を割いてくれた相手への敬意、感謝の気持ちを

必ず伝えることが大切な礼儀です。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

ライターとして活躍する上で

スキルも大切ですが

それ以上にマインドセットが大切な理由を

理解していただけたのではないでしょうか。

 

自分がどんなマインドセットをしているのか

まずは自分自身を客観的な視点で観察することから

始めてみてください。

 

気づくことができれば変えることも可能!

あなたの可能性は広がるばかりです!

 

あなたのマインドセットが一つでも

新しく進化するきっかけになれば幸いです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 


この記事を書いた人

セールスコピーライター木村 七恵

セールスライター&ビジネスオーナー向け 究極のセールスコピー術

このキャッチコピー何が悪いの?のすべてがわかる!

「売れる商品・サービス作成セミナー」動画(非売品)プレゼント!

5秒でカンタン!登録はこちら