セールスコピーライティング普及協会

4)セールス 大富豪が最も重視しているビジネススキル

4)セールス

こんにちは。セールスコピーライティング普及協会の吉村です。今日は「大富豪が最も重視しているビジネススキル」というテーマでお届けしていきます。

お金持ちは一体何を大切にしているのか?それは一体なぜなのか?ということをお伝えしていきます。

その前に少しお金の話からしていきましょう!

0.お金の関心は高まるけれど、、、

会社の寿命はどんどん短くなる…

会社に依存しない生き方が大切

好きなことで生きていく!

などなど、変化の激しい今の時代はよくこのようなことが言われますよね?

そして、そんな不安定な今だからこそ「お金」への関心が高まっているように思います。本屋さんの「お金」コーナーに行けば、起業、副業、投資、資産形成に関する本が所狭しと並べられていますし、youtubeでも投資や話題の副業についての情報が溢れかえっています。

このように、お金への関心が高まるのはとても良いことだと思うのですが、、、

問題は選択肢が多すぎて何から手をつけるべきかわからないことです^^;

正直、これを読んでいるあなたも「自分にはちょっと難しそう…」「どの情報を信じればいいかわからない」と思ったことがあるのではないでしょうか?

そこで今日は、「お金持ちが大事にするもの」というテーマで、豊かになっていくために本当に必要な考え方をお伝えしていきます。

今日の内容を読めば将来的にお金持ちになってくためにはどこに焦点(フォーカス)を当てていけばいいのか、どのように考えていけばいいのか、具体的に何から手をつけていいのかがわかるようになっていくでしょう。

ぜひ、最後までご覧くださいね !

1.イソップ童話の「金のガチョウ」

お金に関して、イソップ童話の中にとても参考になる話があります。

===================

ある日、農夫は自分の飼っているガチョウが黄金の卵を産んでいるのを見つける。

それから、ガチョウは1日に1個ずつ黄金の卵を生み続け、農夫はその卵を売ってお金持ちになった。

しかし、「もっとお金が欲しい」と欲に駆られた農夫は、ガチョウの腹の中に金塊があるのではないかと考え、ガチョウを殺して腹を切り裂いたが、中に金塊はなかった・・・。

====================

何か少し寂しいような、残念な気持ちのするお話ですが、この話が示唆していることは何だったのでしょうか?そして、農夫はどうすればお金持ちになることができたのでしょうか?

2.農夫はどうすればお金持ちになれたの?

この童話に出てくる「金のガチョウ」とは、今でいうと不動産、株式、債券などの自分が働かなくてもお金を生み出してくれる資産のことを指しています。

そして、ガチョウが産む「金の卵」は資産から得られる収入のことですね。

この話の教訓は一言でいえば、「金の卵を生むガチョウを殺すな」ということでしょう。

童話の中で農夫は、目の前の利益(金の卵)に目が眩んでガチョウを殺してしまいますが、彼がお金持ちになっていくためには、むしろガチョウを大切に育てて、増やしていく必要があったのです。

というのも、金の卵は売ってお金に換えてしまえばすぐになくなってしまいますが、ガチョウは生きている限り卵を生み続けてくれるからです。

「お金持ちになりたければ金のガチョウを手に入れて育てなさい」これが、この童話の教訓だったのですね。

3.世界のお金持ちがみんな持っているもの

実際、フォーブス 社が毎年発表しているようなお金持ちや富裕層と呼ばれる人は例外なく、株式や不動産などのお金を産み出す資産をたくさん保有し、大切に管理しています。

保有しているビジネスも彼らにとってはお金を生み出す大切な資産です。

お金持ちは収入を生み出す資産をたくさんもっているからこそ、たとえ自分が働かなくても、継続的に収入を得ることができるのです。

逆に、お金を生み出す資産がなければ、どれだけ高収入の仕事に就いていても、仕事を辞めてしまったり、働けなくなってしまったりしたときにいきなり収入が得られなくなってしまいます…。

だから、あなたが長期的な豊かさを目指したいのであれば、何を置いてもまずは資産を手に入れるべきなのです。

4.実は目に見えない資産もある!?

資産を手に入れるというと難しそうな印象があるかもしれません。

例えば株式投資や不動産投資を始めるには、ある程度の知識を身につけるために勉強する必要がありますし、自分でお金を生み出してくれるビジネスを創るとなると大変な時間と労力がかかることでしょう…。

でも、ここで朗報です。それは、資産は目に見えるものだけではないということです。

資産の定義は「お金を生み出してくれるもの」なので、もしあなたが、仕事が生まれる人脈を持っているのであればそれも資産となり得ますし、

何か知識やスキルを持っていれば、それで仕事をしたり、人に教えたりしてお金をもらうことができるのでそれも立派な資産です。

また、他の人とちょっと違った経験をしているのであれば、それをブログやyoutubeに投稿してお金を生み出せる可能性があるので、資産になり得るのです。

どうですか?「資産」という言葉のイメージが少し広がりましたか?このように考えていけば、株式投資や不動産投資を一から勉強しなくても、自分のできる範囲で資産を獲得することは十分可能なのです。

では、最も優れた資産は一体何でしょうか?

5.世界で一番価値がある資産とは?

世界で最も価値がある資産、それはセールスの知識やスキルです。意外に思われた方もいるかもしれませんが、それには3つの理由があります。

理由1.一生使えるから

私たちが生きている資本主義社会では、誰かが作った商品やサービスを他の誰かが買うことで経済が成り立っています。

だから、どんなビジネスをするにしても必ず「セールス」が関わってくるのです。セールスのないビジネスは存在しないと言っても過言ではありません。

だからあなたがセールスの知識やスキルを一度身につけてしまえば、あなたは一生それを使ってお金を生み出していくことができるのです。

 

理由2.需要が高いから

当たり前ですが、商品やサービスを売ることができなければビジネスを成立させることはできませんよね?だから多くの人が、懸命に売る努力をしているのですが、残念ながら売るのが上手な人はあまり多くはないのが現実…。

だから、売るスキルやノウハウはとても需要が高いのです。

もしあなたがセールス上手になれば、もちろん、自分の商品・サービスをたくさん売ることもできますし、手数料をもらって他の人の代わりにセールスをすることもできます。また、他の人に商品やサービスのうまい売り方を教えることもできるのです。(「売り方」を売ることができるようになります)

セールスを極めるだけで一気にたくさんのビジネスチャンスが得られそうだと思いませんか?

 

理由3. リターンが自分でコントロールできるから

株式や不動産などの金融資産は確かに魅力的ですが、利回りを自分でコントロールすることができませんし、投資資金の額によって得られるリターンが大きく左右されてしまいます。

一方で、セールスのスキルは一度身につけてしまえば、あとはそれを使って収入を生み出すことができますし、収入の額も青天井に伸ばすことが可能になります。

つまり、リターンを自分でコントロールすることができるようになるのです。一度、身につけたスキルからずっと収入を生み出すことができるって魅力的だと思いませんか?

6.セールスは最強のビジネススキル

さて、ここまでセールスの知識やスキルは最高に価値ある資産になり得るというお話をしてきましたが、本田健さんの書かれた『ユダヤ人大富豪の教え』の中でも、「セールスは一番大切だ」ということが書かれています。

====

ビジネスで成功するのに一番大切なのはセールスだよ。セールスなしに存続できるビジネスはない。

本当のプロのセールスマンになれば、何を売っても売れる。それがダイヤモンドであれ、保険であれ、車であれ、住宅であれ、関係ない。

セールスという仕事を極めれば、一生食いっぱぐれはないだろう。

『ユダヤ人大富豪の教え』本田健 だいわ文庫 より引用

====

確かに、時給の良い仕事、儲かりそうな副業、ハイリターンな投資といったような、短期間で多くの収入を得られそうなものはとても魅力的に見えますよね^^;

ついつい目が行ってしまうのもよくわかります。

ですが、もしあなたが将来的に豊かになりたいのであれば、いきなり多くの収入を手に入れようとするのではなく、まずは収入を生み出す資産を手に入れる必要があるのです。そして今回、あなたには価値ある資産として「セールス」というものをお伝えしました。

ここまで読んでセールスというものに少しでも興味が湧いてきたでしょうか?少しでも学んでみる価値がありそうだと思っていただけたでしょうか?

セールスがうまくなるためには、正しい知識と実践が何も大事になります。

実際に『ユダヤ人大富豪の教え』では主人公が大富豪からセールスの手ほどきを受け、電球を3日で1000個売ってくるという課題を与えられていました。

もし、この記事を読んで「セールス」を学んでみたいと思ったのであれば、ぜひこちらをチェックしてみてください。実績に裏打ちされた本物のセールスを学ぶことができます。

↓↓

詳細をチェックする


この記事を書いた人

セールスコピーライター吉村 大樹

愛知県名古屋市に在住。名古屋大学に在籍。 人の思考や行動に興味があり、現在までに哲学、心理学、歴史学など幅広い分野の本を1500冊以上読破。 一方で、自分の経験や気づきなどの本からは得られない情報も重視する。 読書で得た知見を活かし、人のニーズを読み取ることを得意とする。 大学3年次に、人を動かす文章術=コピーライティングに出会い、言葉の力で億を売り上げるセールスコピーライター古山正太に師事。 これまで、整体院向けセミナーのLP、一般向けのイベント集客用チラシなどを手がける。集客用チラシでは、平均の6倍の反応率を記録。 現在は「言葉の力で商品・サービスの価値を100%伝える」を使命に、本当に価値のある商品・サービスを世に広めるべくチラシ、LP制作を行っている。

セールスライター&ビジネスオーナー向け 究極のセールスコピー術

このキャッチコピー何が悪いの?のすべてがわかる!

「売れる商品・サービス作成セミナー」動画(非売品)プレゼント!

5秒でカンタン!登録はこちら